【コーチング事例紹介】Uさん、2次試験突破、英検1級に合格

この記事では英語学習のコーチングをさせていただいた事例をご紹介させていただきます.

今回は2021年度第3回英語検定で英検1級を受験したUさんの2次試験突破、そして英検1級合格のご紹介記事です.

Uさんの1次試験に関する記事はこちらをご参照ください.

事前情報

Uさんは2021年度第1回の受験で英検1級1次試験を突破されており、今回は1次試験は免除で2次試験のみの受験でした.

第1回は新型コロナが流行していた時期であり、また会場が遠方のため受験を回避し、第2回で初めて2次試験に挑戦されましたが結果は不合格でした.

そのためUさんにとってはこれが1級2次試験2回目のチャレンジでした.

1回目の面接での課題を元に引き続きコーチングでアドバイスをさせていただきました.

コーチング内容

模擬面接

skype通話で実際の本番と同じ条件で模擬面接を実施しました.

模擬面接の中ではスピーチの準備や時間感覚を身につけていただくことを意識しました.

加えて模擬面接の傾向から改善すべきポイントをフィードバックさせていただきました.

スピーチの最中や難しい質問が来たときに発言が止まってしまうこともありましたが、最終的には解答を自信を持ってご自身の言葉で返すことができるようになっていました.

テンプレート作成

またUさんはアドリブで解答する自信がないことがあるとのことでしたので、こちらで解答のテンプレートを作成しお渡ししました.

全てのスピーチや質問に対応できるわけではないですが、このテンプレートを覚えて、使うことでアドリブに頼る割合が減り、質問に適切に解答できるようになりました.

発音チェック

自主練のスピーチの録音を送っていただき、こちらで発音のチェックをさせていただきました.

当初は指摘箇所も多かったですが、最終的にはほぼ全てクリアし発音面でも大幅な改善が見られました.

フィードバックを元に個人練習で改善

上記の模擬面接に加えて、スピーチの個人練習もお願いしました.

具体的には模擬面接でフィードバックした内容を、次の模擬面接までに改善ができるように、日常の個人学習で意識していただくようにお願いしました.

実際に模擬面接→個人練習で改善の流れを繰り返すことで、2次試験に対応できるようになりました.

コーチング結果

さて英検1級の2次試験の結果です.

先日英検の結果発表があり、無事2次試験も突破し、英検準1級に合格することができたというご連絡がありました!

詳しい結果は以下のスクリーンショットの通りです.

 

 

2次試験終了後、今回はしっかり力を出せたとのコメントをいただいており、結果は上記の通り、合計スコアは613点で合格でした.

1度は不合格を経験しましたが、2度目の挑戦でしっかり合格できたのは立派です!

Uさんは2019年11月ごろから英検準1級の対策から始めて、2年弱で英検1級の合格まで達成しました.

毎日コツコツと学習を継続してきた成果ですね、本当におめでとうございます.

まとめ

さて、今回は私がコーチングさせていただいたUさんの英検1級のコーチング事例を紹介させていただきました.

今回ご紹介したのはUさんのケースであり、コーチングの内容、方法はそれぞれのクライアント様に対応させていただきます.

もしご興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です