【英検準1級】正答率とCSEスコアの換算について

今回は英検準1級の正答率とCSEスコアの換算に関する記事です.

英検ではどの級でもCSEスコアという得点で合否が決まります.

CSEスコアを考える上でややこしい点は、正答率(素点)によりCSEスコアが決まりますが、回により微妙に変動するというところです.

CSEスコアは問題の難しさや受験者全体の出来によって毎回変動する、偏差値のようなものと考えていただくとよいでしょう.

この記事で詳しく解説させていただきます.

英検1級のCSEスコアの換算については↓で記事にしています.

【英検1級】合格点は何点?素点とCSEスコアの換算表を公開

CSEスコアとはCommon Scale for Englishの頭文字をとったもので日本語訳では『英語のための共通尺度』です.

ちなみにCSEスコアは英検が新形式としてリニューアルされた2016年度第1回から導入されました.

CSEスコアについて英検ホームページでは以下のとおり紹介されています.

新しい英検の成績表では、5級~1級のすべての級で、従来の級の合否に加えて、英検CSEスコアが表示されます。級ごとにそれぞれ技能別の満点を設定し、その結果もスコア表示されます。5級、4級はリーディング、リスニングと、新しく導入されたスピーキングテストの3技能、3級~1級は、ライティングも含めた全4技能のスコアが表示されます。つまり総合的な英語力と、技能ごとの能力を絶対指標で知ることができるので、自分がどんな能力を備えればよいか、学習の重点をどこに置けばよいかが明確になります。さらに英検CSEスコアは国際標準規格CEFRにも対応しているので、よりグローバルな視点で、自分の英語能力のレベルが把握できます。

要点をまとめると以下のとおりです.

  • 英検は合格・不合格という結果に加えてCSEスコアを算出し英語力を正確に測ることができる
  • 各級でCSEスコアの満点は決まっている
  • 各技能ごとにCSEスコアが算出される

下の画像は実際の英検準1級の試験結果のキャプチャで左の画像が素点、右の画像が対応するCSEスコアになります.

英検準1級の実際の試験結果

英検準1級 2022年度第1回の素点とCSEスコア換算表

英検準1級 2022年度第1回の素点とCSEスコアの換算を下表にまとめました.

空欄の箇所はデータが取れなかったところ、?の箇所は自信がないところです.

リーディング リスニング ライティング
素点CSEスコア素点CSEスコア素点CSEスコア
417502975016750
407122815685
396842772314646
386662670113615
376532568512586
366432467211559
356342310535
34626226509
3361921641
3261220632
3160719624
3060118616
2959617609
2859116601
2758615594
2658114586
2557613579
2457212571
2356711564
2256310556
215589547
20554
19550
18545

英検準1級 2021年度第3回の素点とCSEスコア換算表

英検準1級 2021年度第3回の素点とCSEスコアの換算を下表にまとめました.

空欄の箇所はデータが取れなかったところです.

リーディング リスニング ライティング
素点CSEスコア素点CSEスコア素点CSEスコア
417502975016750
407082815675
396792768214635
386622666013602
376492512572
366382463111545
356292362010525
34621226099510
3361421600
3260820592
3160219583
3059618576
2959117568
2858616561
2758115554
2657614546
2557113539
2456612532
2356211525
2255710517
215539
208500
19544

英検準1級 2021年度第2回の素点とCSEスコア換算表

英検準1級 2021年度第2回の素点とCSEスコアの換算を下表にまとめました.

空欄の箇所はデータが取れなかったところです.

リーディング リスニング ライティング
素点CSEスコア素点CSEスコア素点CSEスコア
417502975016750
407292815699
3927695?14660
386832667313628
376702565812599
366592464511572
356502310553
34643226249538
33636216158526
32629206067517
3162319598
3061818591
2961217583
2860716576
2760215569
2659814562
2559313555
2458812548
2358411540
22
21575
20571
19566
18
17
16552

英検準1級 2021年度第1回の素点とCSEスコア換算表

英検準1級 2021年度第1回の素点とCSEスコアの換算を下表にまとめました.

空欄の箇所はデータが取れなかったところ、?の箇所は自信がないところです.

リーディング リスニング ライティング
素点CSEスコア素点CSEスコア素点CSEスコア
417502975016750
407202815701
392770014662
386732667913630
376602566312600
366502465011574
356412363910552
34633226299536
33626216208524
32620206127513
3161419604
3060818596
2960317589
2859816582
2759315574
2658814567
2558313560
2457912553
2357411545?
2257010538?
215659
20561?8521
19
18552
17548
16543

英検準1級 2020年度第3回の素点とCSEスコア換算表

英検準1級 2020年度第3回の素点とCSEスコアの換算を下表にまとめました.

空欄の箇所はデータが取れなかったところ、?の箇所は自信がないところです.

リーディング リスニング ライティング
素点CSEスコア素点CSEスコア素点CSEスコア
417502975016750
402873515683
39690?2714644
382668013614
376602566412587
366502465111564
356412364010545
34633226309531
3362621621
3262020613
3161419605
3060918598
2917590
28598?16583
2759415576
2658914569
2558413562
2458012555
23575
22571
21
20562?
19
18554

各分野のスコア目安

リーディング

CSEスコア目安
  • 正答率が6割→CSEスコア580点ぐらい
  • 正答率が7割→CSEスコア600点ぐらい
  • 正答率が8割→CSEスコア630点ぐらい
  • 正答率が9割→CSEスコア660点ぐらい

リスニング

CSEスコア目安
  • 正答率が6割→CSEスコア550点ぐらい
  • 正答率が7割→CSEスコア600点ぐらい
  • 正答率が8割→CSEスコア630点ぐらい
  • 正答率が9割→CSEスコア670点ぐらい

ライティング

ライティングは記述式であるため、一概にこのくらいだと○点と言うのは難しいですが、他の技能に比べて採点が甘いと言われています.

そのため多少のミスがあっても満点がつくこともあるようです.

以下は本番で実際に15/16点を取った英作文の解答を紹介している記事です.

目安として参考になさってください.

【英検準1級】15/16を取った英作文を公開します

合格点について

1次試験を突破するには?

1次試験はリーディング、ライティング、リスニングの3技能で各750点、合計2250点満点です.

英検準1級の場合、合格点は1792点でこの合格点は回によって変動しません.

どうやって1792点取ればよい?

一番重要なことは各分野に満遍なく取り組み、苦手分野を作らないということです.

1792点を3で割ると597点なので、各単元でCSEスコア597点以上取ることができれば貯金を作ることができる計算になります.

私がこれまでスコアの分析をしてきて、各単元で貯金を作るために必要な素点はそれぞれ以下の通りです.

各分野で貯金を作るために必要な素点目安
  • リーディング:24-28点 / 41点
  • リスニング:18-20点 / 29点 
  • ライティング:13点 / 16点

まずは全ての分野で上記の素点が取れるように対策を進めるとよいでしょう.

また上述の通り、ライティングは得点が稼ぎやすい分野なので必ず時間を割いて対策をした方が良いでしょう.

まとめ

さて、今回はCSEスコアの概要と英検準1級の正答率とCSEスコアの換算についてご紹介しました.

あくまで目安ですが、たいたいどのくらいのCSEスコアを取ることができるかが分かると思いますのでぜひご参考になさってください.

また自己採点の結果1次試験が突破できそうな方は、2次試験対策のポイント10選をまとめているので、こちらもチェックし準備を進めていきましょう.

今回残念だった方は次回の合格に向けて頑張りましょう!

連続で不合格の方や合格点との差が大きい方は勉強の方法から見直す必要があるかもしれません.

英検準1級対策のコーチングサービスを提供しているのでご興味のある方は以下をご確認ください.

英検準1級/1級対策のためのオンラインコーチング

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です