【英検準1級】2021年度第2回リーディング感想

2-1. The Hanging Gardens of Babylon

文中で紹介されている”Seven Wonders of the Ancient World”について紹介しているNotional Geographicの記事がありました.

2-2. Aquaculture and Wild Fish Stocks

商業利用のための大量捕獲により減少傾向にある魚を始めとする海洋生物を養殖により増やすることができないかという内容です.

概要→問題点1つ目→問題点2つ目という流れで構成されており難しい単語も使われておらず読みやすいと思います.

3-1. The Rebirth of the Scottish Whiskey Industry

1980年代のスコティッシュウィスキーの衰退と新たな戦略により海外での売上拡大の背景について解説しています.

第1パラグラフの最後の文で用いられているpay a high priceは「重い代償を支払う」という意味です.

3-2. Richard Ⅲ

15世紀のイギリスの国王リチャード3世の世間の評価と研究により明らかになっている事実の差異について紹介しています.

第1パラグラフの最後の文で用いられているwin the throneは「王座を取る=国王になる」という意味です.

派生学習

以下はキリスト教の職名で序列の高い順です.

  1. the Pope 教皇
  2. Cardinal 枢機卿
  3. archbishop 大司教
  4. Father 司祭
  5. deacon 助祭

3-3. The Temples of Jayavarman Ⅶ

12世紀のクメール王朝の国王ジャヤーヴァルマン7世が統治している際の施策(寺を建てる、病院・医療サービスなどを提供する)について紹介しています.

第3パラグラフ1文目のpave the way for-は「-のための地固めをするみ=-のための道を開く」という意味です.

コメントを残す