【英検英作文】序論/結論を書く

このシリーズでは英検英作文の書き方を1から丁寧に解説していきます!苦手な方でも理解できるように詳しく丁寧に説明しますのでご安心ください.

一つ前の記事「STEP.2 構成メモを作る」 をまだご覧になっていない方は先に下記リンクからご確認ください.

【英検英作文】構成メモを作る

序論、結論とは?ポイントは?

小論文は基本的に導入の役割を担う序論(Introduction)、具体的な主張部分である本論(Body)、まとめの役割を担う結論(Conclusion)で構成されます.

この構成は英検英作文でも同じです.

英検1級の場合は第1パラグラフが序論、第2-4パラグラフが本論、第5パラグラフが結論となります.

英検準1級の場合は第1パラグラフが序論、第2-3パラグラフが本論、第4パラグラフが結論となります.

英検英作文で序論、結論を書く際のポイントはフォーマット(定型文)を活用し、できるだけ固定化するということです.

では序論、結論でそれぞれどのようなフォーマットを使えば良いかについて、解説をしていきます.

序論のフォーマット

初めに序論で使用するフォーマットです.

序論に当たる第1パラグラフは2文で構成し、それぞれ下記フォーマットを使うと良いでしょう.

1文目

1文目は以下の2パターンのどちらかを問題に合わせて使い分けましょう.

It is a (highly) controversial issue whether or not S+V

「-かどうかは議論を引き起こす問題である」

例) It is a highly controversial issue whether or not nuclear power should be promoted.

「原子力発電を推進するべきかどうかは議論を引き起こす問題である

There is a growing tendency toward 句 in the world.

「-は世界的な傾向である」

例) There is a growing tendency toward studying abroad among young people in the world.

「若者が海外留学することが世界的な傾向である

注意

1つ目のフォーマット(cotroversial issue)では言い過ぎ感がある題材に対しては、2つ目のフォーマット(growing tendency)を使うと良いでしょう.

2文目

2文目は以下の1パターンを覚えて使えればOKです.

Personally, I (do not) believe(think) that S+V for the following three reasons.

「以下の3つの理由から-するべきであると考える」

例) Personally, I believe that capital punishment should be abolished for the following three reasons.

以下の3つの理由から死刑は廃止されるべきであると考える

結論のフォーマット

結論のフォーマットは、以下の2パターンを覚えておきましょう.

第4パラグラフまで書いた時点で語数が十分な場合は1つ目のフォーマット、語数が不足している場合は2つ目のフォーマットを使うと良いでしょう.

通常時

In conclusion, from the above three perspectives, A, B, and C, I (do not) firmly believe(think) that – 

「結論として、上記3つの観点、A、B、Cから私は-だと考える」

例) In conclusion, from the above three perspectives, the utility for education, the contribution to the economy, and its high value, I firmly believe that we should conserve our cultural heritages continuously.

結論として、上記3つの観点、教育への有用性、経済への貢献、その高い価値から私は文化遺産を継続的に保存するべきであると考える

語数が不足しているとき

Though some people think that- , the benefits of XX outweigh the disadvantages. Therefore, from the above three perspectives, I (do not) firmly believe(think) that – .

「一部の人は-だと考えるかもしれないが、XXの利点は欠点を上回る. 従って上記3つの観点、A、B、Cから私は-だと考える.」

例) Though some people think that it is a waste of money to keep cultural sites, the benefits of preserving them outweigh the disadvantages. Therefore, from the above three perspectives, the utility for education, the contribution to the economy, and its high value, I firmly believe that we should conserve our cultural heritages continuously.

一部の人は文化遺産を保存することはお金の無駄だと考えるかもしれないがそれらを保存する利点は欠点を上回る. 従って上記3つの観点、教育への有用性、経済への貢献、その高い価値から私は文化遺産を継続的に保存するべきであると考える

まとめ

この記事では英作文の序論と結論についてフォーマットを用いた書き方について紹介させていただきました.

次の記事はいよいよ英作文のメインである本論の書き方の説明に入っていきます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です