【コーチング事例紹介】Oさん、TOEICで500点⇨ベストスコア675点取得

この記事では英語学習のコーチングをさせていただいた事例を紹介させていただきます.

今回はTOEICでベストスコア675点を取得することができたOさんの事例です.

Oさんのコーチング前のTOEICベストスコアは学生時代に取得された500点で、英語の学習は10年ほどブランクがあるとのことでした.

現在の業務では英語を使うことはないが、将来的な選択肢を増やすために、TOEICで800点を超えることと言いたいことが英語で発信できるようになりたいとのことでした.

そこでまずは短期的な目標としてTOEICで6ヶ月以内に300点アップの800点取得することを目標に定め、2020年10月からコーチングを始めさせていただきました.

コーチング内容

2週間に1回、学習状況をオンライン通話で確認

コーチングは2週間に1回の頻度で1時間程度、学習状況の確認と次の2週間で取り組んでいただくことをお伝えさせていただきました.

お伝えさせていただいたことの詳細はここでは割愛しますが、英語力そのものを向上させることと、英語力をTOEICの結果に反映させる力を向上させることの2つの軸で学習計画を組んで取り組んでもらいました.

効率的に英単語をマスター

またTOEICに取り組む上で重要な語彙力を身につけるために金のフレーズに取り組んでもらいました.

普通に取り組むと単調になりがちな英単語学習ですが、英単語が実際に使われている日常の場面の写真や語源の解説などをまとめた、金フレを覚えるためのメモ(コーチング受講されている方に限定公開)を参照していただき、効率よく英単語を覚えていただくことができました.

コーチング結果

コーチングを開始してから2ヶ月経過した12月前半に、その時点の実力を把握するためにTOEICを受験していただきました.

結果は以下の通り、

  • 第258回公開テスト(2020/12/6実施):675点 (L:415/R:260)

でした.

11月は仕事が忙しくなり、学習に割くことができる時間が限られていましたが、2ヶ月で150点強スコアUPを達成できたのは素晴らしいです.

引き続き、3月のTOEICで800点を超えられるように一緒に頑張っていきましょう!

まとめ

さて、今回はわたしがコーチングさせていただいたOさんのTOEICのコーチング事例を紹介させていただきました.

今回ご紹介したのはOさんのケースであり、コーチングの内容、方法はそれぞれのクライアント様に合わせて計画、サポートさせていただきます.

もしご興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください.

コメントを残す