英語ができても仕事ができないのではダメ論について思うこと

今回は私の会社で良く聞く、英語ができても仕事ができないのではダメだという話について私が思っていることをご紹介します.

これはうちの会社で良く聞く話なので一般的にはどうかはわからないのですが、特に年次が上の50代ぐらいの人が「英語が得意でも、仕事ができないのではダメだからなー」という話をします.

確かにこの話については、私も同意しており、英語だけ得意ではあるが、本来の業務で必要な知識やスキルを持っておらず、肝心の業務で貢献できていない人がいるならばそのように言われてしまうのも致し方ないと思います.

英語ができて仕事ができない人は見たことがない

そこで私がふと思ったことが、私の会社の中で英語ができるが仕事ができないという人って実際いるのか?ということです.

確かに英語が得意な新人さんや若手はまだ業務に関わっている期間が短いため、業務知識が少なかったり、業務での貢献が少ないということはあると思います.

しかしながら、これは仕事ができないのではなく、まだ成長過程というだけだと思います.

また中堅やベテランの人たちで英語ができる人は、みなそろって仕事もでき、バリバリ活躍している人が多いです.

これは私の推測ですが、英語ができると

  • 勉強ができる=業務で必要な知識も早く身につけることができる
  • 努力ができる=足りないところを習得するために努力できる
  • 言語レベルでは仕事で困らない=英語をツールとして業務の内容で勝負ができる

ということから、仕事でも活躍できるのだと考えています.

英語ができなくても仕事ができる人は確かにいるが・・・

話を元に戻すと、「英語ができても仕事ができないのではダメ論」を唱える人は基本的には、その人自身は英語ができないです.

確かに、英語ができなくても仕事ができる人はいますが、少し辛口になりますが、この話って英語ができない人の言い訳にも思えてきてしまいます.

実際に英語が抜群にできたらそれだけで日本の会社では重宝されますし、英語ができて仕事もできる人は上述の通りたくさんいます.

よく聞く、「お金をたくさん稼いでも幸せにはなれない」と、お金を稼いでいない人が言っているようなものと同じで、自分の今の状況を肯定するために、人を批判してしまうのが人間の特徴なのかもしれませんね.

まとめ

さて、今回は英語ができても仕事ができないのではダメ論について、私の考えをお伝えさせていただきました.

自分自身が年を重ねても人の良いところは素直に褒めて、自分も追いつかねばとエネルギーを持って学び続けることができる人でありたいですね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です